So-net無料ブログ作成
- | 2012年02月 |2012年03月 ブログトップ

スラムダンク「あれから10日後―」 [買ったもの]


QooMoのkiyoです。

先日、何年かぶりに書籍をネット通販で買いました。

題から分かる方もおられると思いますが、書籍といっても「フォトブック」ですが。(漫画本でもあるか?)

この「あれから10日後―」(完全版)は

漫画家 井上雄彦先生の作品「SLAM DUNK(スラムダンク)」売上1億冊の記念かつ最後のイベントで

漫画をケント紙ではなく、某高校の複数の黒板にチョークで描くというかなり斬新な作品を写真に収めた1冊です。

   

発売された当時から欲しいとは思っていたのですが、なんとなくズルズルと今に至りました。

この本は大型本で、綴じ方も斬新で、縦方向に見開く(子供のお絵かき帳のような)つくりになっていました。

ページをめくる度にコミックの最終巻の後の物語が読める(観られる)という特別な高揚感と同時に、
なにか(これでもうこの物語も最後なのかなという)切なさのようなものも感じました。


私は、この作品の単行本を買って読み始めたのも、発売からかなり後になってからでした。

少し話が長くなって来ましたので、これについては、また後日書きたいと思います。


がんばってます。家庭菜園児 [身の回りのこと]


QooMoのkiyoです。

あと1週間たらずで2月も終わります。

睦月、如月ときて、もうすぐ弥生です。

一月は「いく」二月は「にげる」などと言われますが、まさにそのとおり早いです。
(歳のせいもあるでしょうが。。)

今週、我が家の小さな家庭菜園では、
鍬でいっしょうけんめい畑を耕している小さな男がおりました。
   f:id:QooMo:20120220103052j:image
耕せていませんが(笑)
(実際に菜園のもりをしているのは妻。)

じゃがいもを植えるためです。

「大根」→「じゃがいも」にバトンタッチ。

家庭菜園は良いですよね。
菜園で作る野菜は殆ど買わなくても済みますし、土をいじることは健康にも良いそうです。
なにより家族が作った野菜はおいしく感じられます。

収穫する時が楽しみ(^_^) いや、食べるのが。ですかね(^。^;


ヒャダインという


今週のお題「最近、ハマっていること」

QooMoのkiyoです。

最近、娘がNHKの「日常」というアニメ番組にハマっておりまして、
私もちょこちょこ見るようになりました。(内容は日常ではありません)
NHKアニメワールド 「日常」
(最近のNHKは私が子供の頃、やっていなかったような感じの番組が増えたように思います。)

この主題歌を歌っているのが、題にある「ヒャダイン」というアーティスト。
ご存じの方も多数おられると思いますが、
バンド名等ではなく、個人・ひとりの名称。つまり、ヒャダインさんです。
現在はメジャーデビューされ、他のアーティストへの楽曲提供や、自身でのリリースなど、色々活躍されています。

この方の作品、一聴すると、複数人の男女の歌声、セリフが聴こえるのですが、
驚くべきことに、全てひとりで歌っているというのです。
女性声は調整を加えているとのことですが、これを知った時はまさに驚嘆しました。

数年前からヒャダインという歌い手がいるという事は知っていましたが、
それは某動画投稿サイトの一投稿者としてで、
作詞・作曲・アレンジ・演奏・歌唱ができる…「類稀な才能の持ち主はいるもんだなぁ」と思っていました。
(当時もプロだったというのは最近知りました。)

売り方・知り方も色々ありますが、
この動画投稿サイトを通じてアーティスト「ヒャダイン」(=前山田 健一氏)を知った人は多いはずです。

これもIT環境の急速な発展、投稿サイトやSNSの出現で、誰もが簡単に
多くの人と繋がれるようになった。知ってもらうことが出来るようになった。
ということが大きいのではないでしょうか。


1冊の写真集 [買ったもの]

今週のお題「最近、ハマっていること」

QooMoのkiyoです。
見に来ていただいたみなさん、ありがとうございます。

つい先日、会社帰りにふらっと古本屋さんに立ち寄りました。

古本屋に限らず、最近必ずといって良いほど覗いてみるのが写真集のコーナー。
といっても、女優さんやアイドルがモデルのやつではありません。

(モデルの名前で出しているものではなく、写真家の名前で出している作品で、
中でも、日常の風景や一般の人達、こども達を写したものが好きです。

批評家でもないので全く詳しくないのですが、何か味があるというか、
懐かしいというか、見ていてほっこりするような感じが良いのです。)

そこで1冊の写真集を見つけました。
    
写真家 梅佳代(うめかよ)さんの作品です。 良いです。

買おうか非常に迷ったのですが、なんとなく買わずに帰りました。

家に帰ると、
『1冊しかなかったし、安かったし、他の人に買われるかも。。やっぱ買っとけば良かった!』
という思いがフツフツ、モワモワと。

翌日、会社帰りに同じ古本屋さんに入るとその写真集があった所にダッシュ。
大きい写真集の間をさがすと・・・あった! もう、それだけを買って帰りました。 なんともいえない達成感。

やはりフィルムカメラの写真は良い!!
デジカメ全盛のこの時代、アナログ写真の良さを消してはいけない。
また、いい写真集と出会えたらなぁと思っている今日この頃です。


ヘッドホン2 [買ったもの]


QooMoのkiyoです。

前回「ヘッドホン」の続きです。

どの程度の商品が、どのくらいの値段で買えるのかもありますが、
先ずは、どう選べばいいのか?

「ヘッドホンの選び方」に関するWEBサイトを見て分かったこと、ざっくり2つ。
(1)ワイヤレス(コードレス)はコードありのものに比べて音質は劣る。充電もしくは電池の取替えが必要。
(2)買うにあたって「実際に商品を手にとって見る、つけ心地をみる、音を聞く」こと。

ということで、近くの大手家電量販店へ。

色々な種類が揃えてあります。

試聴(試着)出来るものが10種類くらいあったと思います。
「リーズナブルな商品」から順番に試してみました。
1万円くらいまでのものは、音・つけ心地の違いが感じられましたが、
それを越えると値段が上がっていっても、音の違いが私にはよくわかならい。
となると、あとはつけ心地で判断。

予算である1~2万円前後のaudio technica社の3種類くらいに絞り、つけ心地が一番しっくりきた
audio-technica エアーダイナミックヘッドフォン [ATH-AD700] に決定!
(当初、ワイヤレス(コードレス)のものを買おうと思っていましたが、(1)の理由で辞めました。)

店頭価格1.4万円なり。。。定価より少し安い。
念のため、ネット通販ではいくらなのか、その場でスマートフォンで確認してみる。(便利な世の中になったものです。)
1000円くらいの差なら買って帰ろうと思っていた所、、、
なんと 1万円(送料込み)で売ってるじゃないですか!
「この家電量販店、なんぼなんでも定価に近すぎるやろ!」と心のなかで叫びました。



すぐさま欲しかったのですが、4000円の差は大きい!2日くらい待てるわ!ということで、その店をあとにしました。
(店の人、買わずにゴメン。)

価格比較サイトから最安値の店に注文。


2日後、商品が届き、さっそくつけていると、妻から「おお、なんか近未来ぽい!しかもピンク!?」の声。
実際はピンクといっても赤紫寄りですが。色も気に入ってます。

なんでもそうですが、自分で色々と調べて、実際に触れて、しかも安く買えた時は
「いい買い物できた!」という気持ちになりますよね。

今は、映画やドラマを観るだけにしか使っていませんが、次は高尚な音楽CDの音も楽しんでみたいと思っています。


ヘッドホン [趣味嗜好]


QooMoのkiyoです。

家のTVで映画やドラマ等を鑑賞するとき、できる限り雑音のない環境で集中してみたい私。

ところが家には10歳、8歳、4歳のノイズサウルス達が跋扈しており、その者らが起きている間は、とても望ましい感じになりません。

父から譲り受けたスピーカーをつけてみましたが、まだしゃべり声が気になる…
散財しまいと我慢していましたが、ストレスをためるのは良くない。と、さんざん迷って踏み切ったヘッドホン新調です。
(十年ほど前に購入したものは、いわゆる安物で、最近ジャックの接触が悪くなっていたし、音もそんなに良くありませんでした。)

「ヘッドホンの選び方」のWebサイトで、自分にはどんな物が良いか見てみる。
この「自分には」というのが大事だと思います。
最高級品は良いにきまっていますが、そんな予算もなし、また、そんなに耳が肥えている(?)訳でもないので、そこまでのモノも求めていない。


少し話が長くなってきましたので、続きは次の講釈にて!


三度目の

QooMo 3番目のライターkiyoです。

2月も2週目に入り、やっと正月気分が抜けて仕事モードになってきたという方もいるのではないでしょうか?遅すぎでしょうか。

正月といえば、帰省していた際のこと
釣り好きで釣り道具一式を持って帰ってきていた弟、釣りに行きたがっていた私と弟の子供たち5人と父親の計8人で、ごく近くの浜に釣りに行きました。
(↑をブログに書くと妻に話したところ、妻「釣りに行ったんじゃなくて、付いて行っただけでしょ!子供のおもりで。」 ・・・正解。その表現が。)

子供の頃から、どちらかというとインドア派かつ面倒くさがり屋な私。

釣りの経験は、小学校低学年の頃、親戚の漁師のおじさんの船でメジカ釣りに行ったのが初めて。
3匹しか釣れなかったと記憶しています_| ̄|○ ほんとうに残念な感じでした。

それから十数年経ち、社会人になり、会社の先輩・同僚に連れられて早朝、いや深夜だったか、とにかくあたりが真っ暗な時間帯にに浜釣りに行くも、BOSE。
この時は、みんな釣れなかったので、私だけ残念な感じにはなりませんでした。これが2度目。

さらに十数年経ち、先月の正月が三度目の正直になったかどうかですが、
私の釣果は、、、ゼンゴ3匹。(アジの小さいやつで、うちの地方ではゼンゴといいます。マアジ 市場魚貝類図鑑
小さくても、かかった時、釣り上げた時のなんともいえない感覚がいいですね。

長男(8歳)は15匹以上釣っていました。最後にホウボウも1匹つれました。(ホゴとも。ホウボウ 市場魚貝類図鑑

魚拓にするほど、立派なやつはいませんでしたが、刺し身や唐揚げ、酢漬けにして美味しくいただきました!
f:id:QooMo:20120207144934p:image
写真は4歳の男、初釣り。2匹釣りました。


三匹が書く!


訪れて頂きました皆様、ありがとうございます。
はじめまして。QooMoのkiyoと申します。
うどん県の西隣、みかん県…愛媛県の出身です。

一昨日のtatsu、昨日のtaka、そして本日、私kiyoの3人で綴っていきたいと思います。
人生初ブログということで、右も左も前も後ろもわからない状態ですが、ちょびっとづつ漸進できればと思っております。

さて、今日は2月3日。節分らしい寒い朝でした。
節分といえば「豆まき」(まめ=魔滅)と「恵方巻き」が頭に浮かびます。
この「恵方巻き」、太巻き寿司ですが、節分の夜、恵方にに向かい、目をつぶって願い事を思い浮かべながら食べるのが習わしだそうで。 今年2012年の恵方は北北西とのこと。
私は子供の頃、「豆まき」はしていましたが、「太巻き」を恵方に向かって食べるなんてことをした記憶がありません。私の住んでた地方にこの習慣がなかったのか、私の家だけやってなかったのか。。
恥ずかしながら、このイベントの存在を知り、実際に体験したのは結婚してからでした。
そういえば近頃は家族でこういう昔からの習わしとか、行事をしなくなってきています。
私たちの子供世代にも、こういったことをちゃんと伝えていくのも大事ですよね。

私が子供の頃、、私の親が若かった時分は色々な行事で写真を撮っていて、それがまた上手いというか味があると言うか。。昔の人(といっては語弊がありますが)は素人でも写真を撮るのが上手かったのではないかと思います。
(私論ですが、昔は、高価なカメラにフィルム、現像、プリントするまでどう写っているか分からない。こういったことが、現代のデジカメ撮影より、1回1回のシャッターを大事に、ファインダーを覗いている時も気持ちがこもっていたんじゃないかなぁ等と思います。)

なんか、うまく伝えられませんが。。

昔を思い出したところで、今年は久しぶりに鬼退治するかな。
それか、鬼になって思いっきり豆ぶつけてもらおうかな。



- |2012年02月 |2012年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。